top of page

​田川光影会

田川光影会は、風治八幡宮「川渡り神幸祭」において、祭り風景を写真記録として保持するとともに、写真コンテスト主催団体のひとつとして川渡り神幸祭を主体とした写真作品の募集を行っています。

田川光影会

(名称と事務所)

第1条 この団体は、田川光影会(以下「本会」という。)と称し、事務所を会長の指定する場所に置く。

(目的と活動内容)

第2条 本会は、写真の撮影技術向上と写真による田川地域の魅力発信及び地域社会への貢献を目的とし、次の活動を行う。

⑴ 写真の撮影技術の研鑚のため、定例会、情報交換、研修会等を開催

⑵ 前身の日本報道写真連盟田川支部としての誇りを持ち、毎日新聞社との友好関係

を継承・協力

⑶ 風治八幡宮川渡り神幸祭写真コンテストの主催団体の一員としての活動

⑷ 写真の管理と活用及び保存

⑸ 写真を通したボランティア活動

⑹ その他本会の目的を達成するために必要な事項

(会員)

第3条 本会は、第2条の目的に賛同する者を会員とする。

2 会員として入会を希望する者は会長に申し込むものとし、他の会員の過半数の賛同を経て入会を認める。

3 会員は、退会届を会長に提出し任意に退会することができる。なお、本人が死亡したとき又は会費を1年以上納入しないときは退会とみなす。

4 会費は年額3,000円とし、途中加入又は途中退会に関わらず減額しない。

5 第2条の目的に賛同する者のうち⑴の定例会に出席しない者を会員に準じる準会員とする。なお、会費は年額1,000円とし、途中加入又は途中退会に関わらず減額しない。

(役員)

第4条 本会に、役員として会長1人、副会長若干名、事務1人、監事1人を置く。

2 会長は会員の互選で選ばれた者が務め、本会を代表し、会務を総括する。 

3 副会長は、会員のうちから会長が指名し、役目は会長の補佐及び職務代理とする。

4 事務は、会員のうちから会長が指名し、役目は事務及び会計とする。

5 監事は、他の役員を除く会員のうちから会長が指名し、役目は会計監査とする。

6 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

7 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問と相談役)

第5条 本会に、会長が委嘱することで、顧問及び相談役を置くことができる。

2 顧問は退会した会員から会長が委嘱し、相談役は会員以外から会長が委嘱する。

3 顧問及び相談役は、会長の依頼で会議に出席して意見を述べることができる。

4 顧問及び相談役の任期は、委嘱した会長の任期中とする。ただし、再任を妨げない。

(会議)

第6条 本会の会議は総会及び役員会とする。

2 総会は、会長が招集し、会員の過半数の出席をもって成立とする。また、会長は必要に応じて臨時に会員を招集することができる。

3 役員会は、会長が招集する。役員会では、総会に付議する事項、総会の議決した事項の執行に関する事項、総会の議決を要しない事項を議決する。

 4 会議の議事は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。  

(会計)

第7条 本会の運営に関する経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもって充て、事業年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。

(事業)

第8条 本会の事業計画及び活動予算は、総会の議決を経なければならない。また、事業報告及び決算は、監事の監査を受け、総会の議決を経なければならない。

(規則の変更)

第9条 この会則は、総会において議決を得なければ変更することができない。

 

附 則1 この会則は、平成30年9月15日から施行する。

附 則2 本会則は令和4年7月11日から施行する。(日本報道写真連盟解散に基づく団体名の変更)

bottom of page